ナビゲーションをスキップする。

第16回 日本音楽療法学会関東支部地方大会 東京

 「公募ワークショップ」募集要項

今回の関東支部地方大会では、「ワークショップ」の演題を公募します(研究発表ではなく、そこに参加した方の技術・知識が向上するための教育的な内容を持つ時間です)。

書式にしたがってお申込みください。
登録手続き終了後、自動配信メールにて受理通知が送信されます。

1.概要

  1. 内容は、音楽療法の実践の技術等に関するもの(ワークショップの参加者の音楽療法士としての技術向上、自己発見等に貢献する内容)とします。
  2. ワークショップの時間は70〜90分程度です(午後のいずれかの枠を予定しています。時間は採択者にお伝えします)。
  3. ワークショップの定員は、最大50名程度までです。

2.応募方法について

こちらから、専用の応募シートをダウンロードして、そこに内容を記入して送信して下さい。どんな内容かが明確に伝わるような記述をお願いします。以下の項目を必ず含めて下さい。

  • ワークショップの演題
  • 目的(ワークショップに参加した人が、どのような知識・能力を得ることを目指すのか)
  • 対象となる参加者(音楽療法士として仕事をしている人・初心者・学生・特に指定せず、等)
  • 音楽療法の対象領域(児童・高齢者・精神科・その他・特に指定せず、等)
  • ワークショップの構成・時間配分(時間経過に沿った内容の展開をわかりやすく記述する)
  • 必要な機材・楽器・会場の設定等(発表者自身で調達するのか、実行委員会で用意する必要があるか等も含めて記述する。機材・楽器等の関係で不採択となる場合もある)
  • その他、必要と思われる事項

※応募シート以外の添付資料(楽譜、写真等)が必要な場合には、『応募シート』に加え、該当のデータも添付して応募して下さい。

●発表原稿サンプルダウンロード

3.注意事項

  1. 応募者は、日本音楽療法学会正会員で、本部会費・関東支部会費、および今回の地方大会 東京 の参加費を納入している方に限ります。
  2. 公募ワークショップに応募する方でも、同時に研究発表(口頭発表・ポスター発表)に応募することが可能です。
  3. 公募ワークショップの発表者には、発表ポイントは付与されません。
  4. 2名以上の発表者でも可。その場合は、すべての発表者が「注意事項 1」の条件を備えていることが必要です。2名以上の発表者の場合には、そのうちの1名が責任者となって応募してください。
  5. ワークショップ内容・参加方法等は、決定次第、日本音楽療法学会関東支部ホームページにてお知らせいたします。

4.申込期間

2017年9月11日(月)10:00 〜 10月31日(火)15:00
申込み期間厳守。

*インターネットのみの受付となりますのでご注意ください。

5.発表決定について

  1. 応募された中から、大会実行委員会で選考します。
  2. 採択・不採択については、12月下旬までに応募者へメールにて通知します。
  3. 採択数は若干数(1演題〜2演題程度)を予定しています。数が大変限られておりますが、ご了承ください。不採択の場合にその理由を個別に説明することはいたしません。
(C) Copyright 2003 by Japanese Federation of Music Therapy. All rights reserved.